|競馬|JRA|速報|無料|競馬結果|競馬予想|ipat|ホームページ|レース|ブログ|メルマガ|プロ|人気|こづかい|レーティング|回収率|高い|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ダ1800M

内枠でテンに行かれなかった面々が3角過ぎから追い上げて来て間に合わせられる。
スポンサーサイト

ダ1400M

先行馬がペースを乱して潰れたところへ中位あたりから差して来るケースが多い。

ダ1200M

多頭数の最外枠に回っても全く問題ない。脚質的には出来る限り前へ行ける方が良い。

芝外3200M

逃げ馬のペースに合わせて運ぶ好位差し馬が最も力を発揮出来る。

芝外3000M

差し馬が中心。余程強い馬でない限り逃げ切り、逃げ残りは困難。ペース配分が難しい。

芝外2400M

1コーナー迄の距離が長い分テンのペースは上がらず、上がり勝負になりやすい。

芝外2200M

馬番ではほぼ均等な結果が出ているが、枠番では真ん中の4、5番枠に固まっている。

芝外2000M

内回りの2000M同様に、脚質的には好位からの差しタイプが有利に立ち回っている。

芝内2000M

全体的に枠の内外は関係なかったが、差し馬の絡んで来る比率が高くなっている。

芝外1800M

枠的には最内、最外ほぼ対等。脚質的には差し、追い込みが有利な流れになりがち。

芝外1600M

中位から流れをじっくり見ながら進めて行くタイプ向き。枠は外でも全く関係ない。

芝内1600M

枠の内、外はほとんど関係ない。全枠がムラなく連絡みを果たしている。直線勝負は不利。

芝外1400M

10番より外の枠からでも逃げ切りが可能。追い込みは余程展開が向かない限り無理。

芝内1400M

逃げ馬は潰される傾向が強い。

芝内1200M

1番、2番枠は圧倒的多数で連帯している。揉まれるのを嫌がらねば当然有利。

| ホーム |
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。