|競馬|JRA|速報|無料|競馬結果|競馬予想|ipat|ホームページ|レース|ブログ|メルマガ|プロ|人気|こづかい|レーティング|回収率|高い|

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--)
スポンサー広告

ダ2300M

向正面半ばからのスタートですぐ3コーナー。外枠の先行馬には苦しく、意外に差し馬の台頭が目立つ。
スポンサーサイト

ダ1700M

直線勝負は余程展開が向かない限りまず届かない。4角では少なくとも5番手以内が理想。

ダ1600M

スタートしてすぐカーブにかかるので、内枠の先行馬はマイペースに持ち込みやすい。

ダ1000M

先手を取る逃げ馬が距離的にも絶対有利となる。ハナを切れば約5割が連対している。

芝3000M

平坦な小回りコースだけにペース判断が難しく、つい逃げ馬にしてやられがちだ。

芝2800M

逃げ馬は息切れしている。差し馬の直線での急襲が鮮やかに決まる。好位粘りも侮れず。

芝2500M

逃げ切ることは非常に難しい。2~3番手で流れに乗る好位差しタイプが中心になる。

芝2000M

真ん中よりも内目の枠が有利。主導権を握った逃げ馬が前半で楽をするので侮れない。

芝1800M

追い込みが決まりやすいといっても、3角で中位あたりまで進出していないと取りこぼす。

芝1700M

枠順はほとんど無関係。先行馬が残れるのは1~2角でペースダウンをうまく図れた時。

芝1200M

1000Mでは全く間に合っていなかった追い込み馬がこの距離になれば食い込める。

芝1000M

少々競り合う形になっても、直線が短いので我慢が出来る。行った行ったになりやすい。

ダ1700M

平坦の小回りコースだが、ローカルのダート戦としては珍しく追い込みがきき能力優先。

ダ1000M

スピード優先の短距離戦で、ハイペース必至だが、テンに置かれるようでは苦しい。

芝2600M

1000メートルと発走地点は同じ、小回りの1周半で展開が鍵。追い込み馬の仕掛けも早い。

芝2400M

すぐに3角のカーブにかかるため先行馬の外枠は不利。平坦でも力の勝負になる傾向。

芝2000M

4角ポケットからのスタートで枠順はほとんど関係なし。決め手は追い込み馬がやや有利。

芝1800M

4つのカーブを回る小回りコース。内枠の先行馬はペースがとりやすく断然有利になる。

芝1700M

発走してすぐに1角にかかるため逃げ、差しを問わず内枠が有利。

芝1200M

向正面ポケットからのスタートで3角までの距離が長く内外の差は考えなくてよい。

芝1000M

3角までの先行争いは激しくなるが枠順は関係無い。テンに置かれる追い込み馬は不利。

ダ2400M

発馬直後が緩い上りで1角までが長い。流れが落ち着き、追比べで先行馬が巻き返す。

ダ2100M

1角まで距離が短いので多頭数だと外枠の馬は外に振り回される不利が大きい。

ダ1600M

向正面が長いのでスタート後のペースがつかみづらく他馬の出方が鍵。決めては逃げ、差し互角。

ダ1400M

3角まで長いのでダッシュ力さえあれば枠順は関係ない。先行型がやや有利な距離。

ダ1300M

逃げ差しともに生きる距離だが、3角が近めなので同型を振り切れば先行型が有利。

ダ1200M

加速のつくところがちょうど3角、先行力あれば内枠有利もダッシュ力ないと不利。

芝3400M

最初の位置取りが決まるとほどなくカーブ。流れは落ち着くが、2周目2角からペース変化も。

芝2600M

スタート直後が上り坂で先行争いはほとんどなく前半はスローに流れやすい。先行型が穴をあけやすい。

芝2500M

1角まで距離があり、長距離戦で枠順は関係ない。前半スローでも直線は力比べ。

| ホーム | 次のページ>>
Page Top↑
▲ Page Top
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。